家電

The GreenFanを使って1年半

そろそろお役御免の季節

秋が近づいてきた今日このごろであるが、夏の期間に大活躍してくれたバルミューダのThe GreenFanも、そろそろお役御免になりそうである。先日僅かにトラブルがあったが、なんとか乗り越えた。

The GreenFanがついに故障?酷使し続けた日々 昨年4月にバルミューダのThe GreenFanを購入して1年半が経過した。思った以上に活躍してれたし、今年の夏は、...

思えば昨年の春頃、風呂上がりに全身を冷却する装置がほしいと思い、扇風機を色々物色し、最終的には見た目の美しさを理由にThe GreenFanを購入した。十分に高い買い物であったが、

その美しさは無類である。

The GreenFanの風

The GreenFanの売りの一つは、その風の心地よさである。公式サイトによると「再現するのは自然界の風」とのこと。実際に使ってみての感想としては「自然界の風を再現できているかどうかは分からないが、確かに心地よい。」具体的には、一定の風が常に来るのではなく「寄せては来る」といった感じで風が吹いてくる(感覚は狭いが)。

さて、The GreenFanのもう一つの売りが「静音性」である。実際、4段階ある風量のうち、風量2まではほんとに静かで、ほとんど聞こえない。風量3になると少し聞こえ出し、風量4になると突然ギアが変わり、大分うるさくなる。

まあ、色々言いったのだが、うららかな春の午後に、

The GreenFanの優しい風が吹いていたら大変良いと思う。

首振り時の異音?

さて、風そのものについては非常に満足なのだが、

1点問題があった。

風そのものは大変良かったのだが、首振り機能を利用したときにそれは起こった。つまり、首振りの方向を変える度に「コンッ」と音がするのだ。

気のせいかと思ったが、いつまで立っても音はなり続けた。>色々調べたのだが、結局仕様とのことらしいのでどうにもならない。まあ、首振りの方向が変わるということは、何かが逆回転を始めているのだから、何も音がならなかったらそれこそ「お見事!」なのかもしれない。

だが、静音性が素晴らしすぎるため、部屋が静かであればあるほど「コンッ」という音が気になってしょうがない。結局私は首振り機能を使わないことにした。

何やら寂しげに語ってしまったが、そもそも一人暮らしの私が

何のために首振り機能を使うのだろうか。

思えば子供の頃から、扇風機の首振り機能をよく思ったことがない。

首振りを使えば多くの人に風は届くが、一瞬自分をかすってすぐに恩恵を受けられなくなる。「こんなもどかしい思いをするくらいなら扇風機なんてないほうがいい!」と思っていた。

何れにせよ、私にとって首振り機能は無用の長物であるので、首振り時の謎の音については何の問題もない。

しかし、静音性と首振り機能の両方を期待しているなら、気をつけたほうがよい。

でも、俺は好きだぜ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA