映画

映画「エターナルズ」を見てきた感想

「エターナルズ」は2021年11月5日に公開されたクロエ・ジャオ監督による映画作品である。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界が描かれており、7000年前に地球に降り立った超常の力を持った戦士「エターナルズ」を主人公とした物語となっている。

予告編を見る限りあまり期待していなかったのだが、一応アベンジャーズ世界の物語なので見ないわけにも行かないだろうと思い見に行った。

最も率直な感想は「思ったほど「エターナルズ」じゃなかった」である。この事も含めて映画を見に行った感想を書こうと思う。まずは序盤のあらすじを振り返る。

「エターナルズ」序盤のあらすじ

遥かな昔、「ディヴィアンツ」と呼ばれる驚異から人々を守るために「エターナルズ」が地球に降り立った。

「エターナルズ」はエイジャック、イカリス、セナ、ギルガメッシュ、セルシ、キンゴ、スプライト、ファストス、マッカリ、ドルイグの10人。彼らは「アリシェム」という存在によって地球に送り込まれていた。

「アリシェム」は彼らに地球人をディヴィアンツの驚異のみから救うことを命じており、「エターナルズ」はそれ以外の問題で地球人に介入することを許されなかった。

しかし、何世紀にも渡り地球人と接してきたエターナルズ達の中には、目の前で起こる悲劇から地球人を救えないことに不満を覚えるものも出始め、リーダーのエイジャックは一旦チームを解散し、それぞれの道を歩むことを決断する。

それから数世紀が経ち、彼らが絶滅させたはずのディヴィアンツがロンドンに現れた。

そこに居合わせた、イカリス、セルシ、スプライトの三人は再びディヴィアンツを駆逐するため仲間を再結集させることを決断する。

まずはリーダーのエイジャックを訪ねたが、彼女はすでにディヴィアンツによって殺されていた。約7000年にも及ぶ戦いの中で、初めての仲間の死であったがそこでセルシはエイジャックからリーダーとしての力を受け継ぐ

リーダーの死にショックを受ける3人だったが、再び仲間を集めるたびに出る。彼らは、セナ、ギルガメッシュ、キンゴとの接触に成功するが、セルシがエイジャックから受け継いだ力によって「アリシェム」と交信することに成功する。

しかしそこで彼女は思いも寄らない真実を知らされることになる・・・・。

「エターナルズ」の感想

ここからは作品の感想になるが、総評としては「おそらく見に行ったほうが良い」となる。なぜそのような総評になるかを出来る限りネタバレなしで書いていく。

思ったほど「エターナルズ」じゃなかった。

とりあえず「エターナルズ」の特報を見てみよう。

映画館に足を運ぶまでの「エターナルズ」のイメージは完全にこれだったのだが、印象を言葉にしてみると

太古の昔に地球にやってきた神の如き力を持った「エターナルズ」達は、人類に対する干渉を最小限にしながらもその驚異となる存在を駆逐していた。

あまりにも強力なその力を駆使しすぎてしまうと、人間の自主性や進歩を阻害するため「サノス」と言った極端な驚異に対しても沈黙を守っていた。

しかし、そんな彼らが再びその力を発揮しなくてはならないような驚異が地球に襲いかかった。

といったもので、実際に大体これであっているのだけれど重要な点は「神の如き力」という点である。皆さんはそんな印象は受けなかったかもしれないのだが、私はなんとなく「エターナルズ」ってめちゃくちゃ強いのだろうと思っていた。

しかし実際には、アベンジャーズの連中に比べて極端に強いということはない

もしかしたらこれこそが私の誤解なのかもしれないのだけれど、本編を見る限りは少なくとも「神の如き力」ではなかった。それだけでも本編は私の想定外のものであったし、それ以外も想定外だった。

じゃあなんで「エターナルズ」なんていう大層な名前がついているのかというと、それにもきちんと理由があるので本編で確認してほしい。

いずれにせよ、多くの人の予想とは違う物語になっていると思われるので、一応見たほうが良いのではないだろうか。結果面白くないということはあるだろうけれど。

一応覚えておいたほうが良いかもしれない伏線

重い腰を上げて見に行こうと言う人向けに、気にしておいた方が良い点を上げておく。

「エターナルズ」の一員でどうやら最強の男らしい人物がイカリスである(我々にとっては「イカロス」といったほうが馴染み深い)。

彼は同じく「エターナルズ」のセルシに恋をするのだが、その思いを告げるかどうかをリーダーのエイジャックに相談する。彼が言うには「この感情は任務のじゃまになる」ということだったが、エイジャックは「自分の心に従うように」というアドバイスをする。

結果として二人は結ばれることになり、結婚式まで上げるのだが、ラスト付近の展開の伏線にもなっているので「任務のじゃま」という彼の言葉は覚えておいても良いかもしれない。

きちんと終わってはいる

これもわずかに重要だと思われるが、この映画は一応始まって終わっている。もちろん続編につながる描写が最後の最後でなされるのだけれど、尻切れトンボということはない。

中途半端な終わり方を気にしている人がいたら、その点は心配する必要はないかもしれない。


以上が「エターナルズ」の感想であるが、結局は「見に行ってよかった」と思っている。少なくとも想定した話ではなかったのでそれを確認できたことは意味があった。

結局続編も見に行っちゃいそうだな。

この記事を書いた人

最新記事

 
  
 
 
Sifr(シフル)
                   
  •             
 
北国出身横浜在住の30代独り身。日頃は教育関連の仕事をしていますが、暇な時間を使って好きな映画やアニメーションについての記事を書いています。利用したサービスや家電についても少し書いていますが・・・もう崖っぷちです。孤独で死にそうです。でもまだ生きてます。だからもう少しだけ生きてみます。           
           
                   
  •             
同じカテゴリの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。